刃物教室

About Blades

焼きなまし Annealing

火造り加工程は規定の焼なまし温度で均一に加熱し数時間保持して炉中又は、灰中で冷却します。刃物鋼で最も大切なことは炭化物を球状化するいわゆる球状化焼なましで、焼入れ後のじん性を増し、焼割れを防止することを主目的とします。
焼なましは往々にして作業として省略されがちですが、特に高炭素の刃物は球状化処理を施さない場合焼入れ後に刃こぼれが生じたり又、焼割れが生じることがあるので必ず実施の必要があります。ただし、この時には鋼の表面脱炭拡散を起こさない様に慎重に行うことが必要です。

※球状化焼鈍の方法もあります

The furnace is heated uniformly at the specified annealing temperature, held for several hours, and cooled in the furnace or ash.
The most important thing in cutting steel is so-called spheroidized annealing, which spheroidizes carbide, which increases toughness after quenching.
The main purpose is to prevent cracking.
Annealing is often omitted as a task, especially for high-carbon cutlery without spheroidizing treatment.
The blade may be nicked or cracked after quenching, so it is necessary to do so.
In this case, however, it is necessary to be careful not to cause surface decarburization diffusion of steel.

*There is also a spheroidizing annealing method.

刃物の劣化要因Deterioration factor of cutting tool

刃こぼれの要因
刃こぼれの要因
へたりの要因
へたりの要因
Contact Us

お問い合わせ

山陽利器株式会社へのお問い合わせは、
こちらよりお願いいたします。

0794-63-4321

営業時間:月〜金 8:05〜17:00

メールでのお問い合わせ

Page top